【朗報】除毛クリームで出来る黒いぶつぶつを失くす方法!

【スポンサードリンク】



除毛クリームを使用していると、「ぶつぶつ」ができることがあります。

ぶつぶつには2種類あります。
赤いぶつぶつ。
これは肌荒れ、赤腫れが原因のぶつぶつです。
もう一つは黒いぶつぶつ。
こちらは除毛が失敗し毛が残り、黒いぶつぶつになることです。

今回はこの2通りの解決方法を考えていきます。
まずは赤いぶつぶつ。肌荒れの方です。

赤いぶつぶつは事前のパッチテストで回避しよう

赤いぶつぶつは肌荒れが原因です。
防ごうにも除毛クリームが肌にあってなければ、防ぎようがありません。
ぶつぶつを防ぐには予防策が有効です。

その予防策とは、パッチテストです。
パッチテストで自分の肌に合うかどうかを試すことは絶対に大切です。
腹毛、胸毛、腕毛、すね毛、ヒゲ、どこの体毛でもパッチテストをしましょう。

では、実際にどのようにパッチテストをすればいいのか?

①パッチテストを行う除毛クリームを二の腕や膝の裏など、
皮膚の柔らかい部分に塗ります。
塗る大きさは10円玉ぐらいが良いでしょう。

②1日~2日の間、様子見を見て、かゆみや赤み、赤いぶつぶつなどの肌荒れがでるか確かめます。

パッチテスト中はクリームを洗い流すと、意味がなくなります。
体を洗うのもある程度我慢するようしましょう。

パッチテストは面倒ですし、やりたくないかもしれません。
でも、赤いぶつぶつを防ぐためには実施するようにしましょう。

次は黒いぶつぶつについてです。

黒いぶつぶつは毛穴を広げることで、解消しましょう。

黒いぶつぶつは毛穴の中の毛根が綺麗に溶けていないことが原因です。
脱毛エステサロンのような永久脱毛ではないので、完全になくすことはできません。
しかし、限りなく、黒いぶつぶつを失くすことはできます。

方法は簡単です。
まずはお風呂の湯をはり、熱湯シャワーで、浴室をあったかくしましょう。
軽いサウナ状態をつくり、毛穴を広げます。
毛穴が広がるので、除毛クリームが染み込みやすくなり、除毛効果が高くなります。

さらに除毛効果を高めたい場合は、除毛クリームを塗った箇所にラップをまきます。
そうすることで、さらに除毛クリームを浸透させることができます。

以上の方法を試すだけでも、かなり黒いぶつぶつが残らなくなります。
さらにもう1つ付け加えるならば、リムーバークリームNULLを使うことです。
私の経験上NULLの効果は半端ないです。

黒いぶつぶつを残したくないのなら、一度、NULLを試されることをおすすめします。

NULLリムーバークリームの詳細こちら

【スポンサードリンク】



コメントを残す